肩甲舌骨筋
起始 胸骨(胸骨柄後面と第1助軟骨)
停止 舌骨(舌骨体)
神経支配 上位頚神経
作用 舌骨を下げる

肩甲舌骨筋と共に舌骨を(のどぼとけ)を下から支える【胸骨舌骨筋】。

あくびをすると舌骨が大きく下がるのでこの筋肉を作用がわかる。嚥下障害の筋でもあるわけだけど喉を開く筋でもあるわけです。