大殿筋

大殿筋
起始浅部:腸骨稜、上後腸骨棘、仙骨、尾骨
深部:後殿筋線後ろの腸骨翼、仙結節靭帯、中殿筋の筋膜
停止 腸脛靭帯、大腿骨殿筋粗面
神経支配 下殿神経(L5~S2)
作用股関節の伸展・外転・外旋・内旋 (筋が大きく付着部も多いため作用も多様)

浅層から深層へ【大・中・小】とある殿筋の1層目。より深層の筋が【固定・安定】という本来の働きを行なってくれていれば、屈曲以外の股関節の動きはこの筋がまかなってくれる。広範囲にわたる大殿筋隅々までコリを作らないようにするめにはあらゆる方向へ股関節を動かしておく必要がある。

関連:下肢の筋

腸腰筋(ちょうようきん)

大殿筋(だいでんきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

小殿筋(しょうでんきん)

梨状筋(りじょうきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

外閉鎖筋(がいへいさきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

内閉鎖筋(ないへいさきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

上双子筋(じょうそうしきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

下双子筋(かそうしきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

深層外旋六筋

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

縫工筋(ほうこうきん)

薄筋(はっきん)

大内転筋(だいないてんきん)

長内転筋(ちょうないてんきん)

短内転筋(たんないてんきん)

恥骨筋(ちこつきん)

大腿直筋(だいたいちょっきん)@大腿四頭筋

中間広筋(ちゅうかんこうきん)@大腿四頭筋

外側広筋(がいそくこうきん)@大腿四頭筋

内側広筋(ないそくこうきん)@大腿四頭筋

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)@ハムストリング

半腱様筋(はんけんようきん)@ハムストリング

半膜様筋(はんまくようきん)@ハムストリング

膝窩筋(しっかきん)

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

後脛骨筋(こうけいこつきん)

ヒラメ筋(ひらめきん)@下腿三頭筋

腓腹筋(ひふくきん)@下腿三頭筋

長腓骨筋(ちょうひこつきん)

短腓骨筋(たんひこつきん)

長趾伸筋(ちょうししんきん)

長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)

長趾屈筋(ちょうしくっきん)