大腿二頭筋

大腿二頭筋
起始長頭:半腱様筋と総頭を作り坐骨結節
短頭:大腿骨粗面と外側筋間中隔
停止腓骨頭と脛骨外側顆
神経支配長頭:脛骨神経(L5~S2) 短頭:総腓骨神経(S1~2)
作用膝関節の屈曲・外旋(屈曲時)、股関節の伸展・外旋

半腱様筋・半膜様筋と合わせてハムストリングと呼ばれる。股関節と膝関節に作用する二頭筋。
筋肉の生理により、股関節を伸展位におくと膝の屈曲は弱く、反対に股関節を屈曲位におくと強くなる。ハムストに代表される二関節筋ならではの機能。くれぐれも縮めすぎには注意。攣ります。モモ肉(ハム)の腱を紐(ストリング)のように用いてハム作りをしていた事に端を発しているらしい通称ハムストリング。モモ裏の筋の総称としてなぜ定着しているのか定かではない。

関連:下肢の筋

腸腰筋(ちょうようきん)

大殿筋(だいでんきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

小殿筋(しょうでんきん)

梨状筋(りじょうきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

外閉鎖筋(がいへいさきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

内閉鎖筋(ないへいさきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

上双子筋(じょうそうしきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

下双子筋(かそうしきん)@外旋六筋(がいせんろっきん)

深層外旋六筋

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

縫工筋(ほうこうきん)

薄筋(はっきん)

大内転筋(だいないてんきん)

長内転筋(ちょうないてんきん)

短内転筋(たんないてんきん)

恥骨筋(ちこつきん)

大腿直筋(だいたいちょっきん)@大腿四頭筋

中間広筋(ちゅうかんこうきん)@大腿四頭筋

外側広筋(がいそくこうきん)@大腿四頭筋

内側広筋(ないそくこうきん)@大腿四頭筋

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)@ハムストリング

半腱様筋(はんけんようきん)@ハムストリング

半膜様筋(はんまくようきん)@ハムストリング

膝窩筋(しっかきん)

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

後脛骨筋(こうけいこつきん)

ヒラメ筋(ひらめきん)@下腿三頭筋

腓腹筋(ひふくきん)@下腿三頭筋

長腓骨筋(ちょうひこつきん)

短腓骨筋(たんひこつきん)

長趾伸筋(ちょうししんきん)

長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)

長趾屈筋(ちょうしくっきん)